生命保険とは
 
生命保険は人間の生命に掛ける保険で、その目的は残された家族や会社の為の資金準備と被保険者本人の生活準備資金です。

生命保険は大きく分けて3つに分類されます

終身保険や定期保険などの死亡保険

年金などの生存保険

養老保険などの生死混合保険

生命保険の問題点

生命保険は、普段の生活が一変するような困った事態に備えるものです。

普段の生活が、いろんなイベントによって変わることがあります。

例としては、就職して親元を離れて暮らすことになったり、結婚したり、子供が出来たりマイホームを建てたり、子供が進学したり、子供が卒業し、就職したりと「ライフイベント」は、その時々にいろんな備えを必要とします。

 

就職してすぐに加入した生命保険、そのままにしておくこともよく聞く話です。

結婚しても保険を見直すことを怠ったため、苦しい生活をせざるを得なかった話などもあるでしょう。

 

生命保険は、支払われる保険金を自分で決めることが出来ます。

 

万が一の時に、どれだけの備えが自分に必要なのか?を考え、備えることが大事です。
 

 

「ダンディ蔦さんが伝えるナットク保険話」

保険にまつわるいろんな話をブログにしております。

 

パソコン画面をクリックしてください!!

法人向け生命保険とは

 

法人においての生命保険の役割は、実は多岐に渡ります。
経営者の万が一の死亡に備えることももちろんですが、働けなくなった時や、病気で入院した場合の治療費も。そして入院しているときの会社での運転資金に充てるなど、工夫次第で、会社を守るために活躍をします。

近年は、経営者だけではなく、従業員も病気から守ったり、万が一の時に遺族への慰労退職金としての備えをする会社も増えています。

人材を「人財」に変える努力をしている経営者は、従業員のケアにも気を配り、「従業員の幸せ=会社の幸せ」とする企業として、社会への貢献をしようとしています。